ビジネスアプリケーションのための人事システムの価値とは? なぜ企...


1.企業のコスト削減と従業員の生産性向上

人事制度は、各組織や部門のマンパワー・コストとアウトプット価値を同時に分析することで、企業の不合理な部分を特定するように設計することができるのです。

企業は、データを介してさまざまな組織や部門に調整し、人的資源を最適化することで、価値を完全に最大化することができます。

これらのデータをもとに(human resource management system)、各組織のスタッフの人的資源を調整し、最適化する必要があります。 組織内のビジネスプロセスは常に最適化され、リスク管理の難易度を下げ、財務管理の効率を高め、全体のコストを削減します。

2.人事の負担軽減と人材育成への注力

人事業務の90%以上を自動処理することができ、企業の人事労務管理の効率を大幅に向上させることができます。

人事担当者は煩雑な日々の業務から解放され、より多くの時間を会社のスタッフの教育や育成に割くことができ、より有意義な仕事ができるようになります。

人事システムを導入している企業では、人事(silicone molding company)が基本的にスタッフの育成や研修関連業務、あるいは採用業務に携わっているケースがよく見受けられます。

3.会社の人事データを分析し、意思決定を支援する。

人事システムは、人員配置、仕事、人事コスト、業績出力、勤怠データ、プロジェクト計画など、組織のあらゆる部門から人事データをいつでも収集することができます。

会社の人事データをわかりやすく紹介します。 このデータを通じて、企業(EBIT miner)の経営者は、企業の現状、企業の発展状況、企業の強みと弱みを把握することができます。

これらのデータにより、企業発展の調整と計画は、より科学的で合理的なものになります。

4、潜在的な才能の発掘と戦略的経営人材育成システムの構築

また、人事システムは、スタッフの基本情報、職位情報、専門情報、専門スキルなどの包括的な分析のためのスタッフのドキュメントモジュールなどのモジュールを組み合わせて、企業が人材を把握するのに役立ちます。

教育情報、トレーニング経験、経験、プロジェクトの経験、出席データ、パフォーマンスデータ、特性、趣味やその他の寸法は、従業員の包括的な分析によると、従業員の能力の肖像画を生成し、鉱山の高潜在能力企業の戦略的発展の位置づけ、戦略的人材システムの確立です。