代謝異常に関する知識を有していること


代謝とは、生命と正常な機能を維持するための、体内のさまざまな化学的プロセスのことを指します。 代謝異常は、代謝のあらゆる側面に影響を及ぼす病気です。 その結果、人によっては健康維持のために物質の生産量が多すぎたり、少なすぎたりすることがあります。

メタボリズムとは、人が成長し、生殖し、損傷を修復し、環境に対応するための生化学的プロセスを表す言葉です。 代謝異常とは、これらのプロセスが損なわれる病気です。

例えば、食物や細胞を分解してエネルギーを生み出すための酵素の働きに影響を与えることがあります。 これらの疾患には、身体にさまざまな症状や合併症を引き起こすさまざまな病気が含まれます。

代謝とは、生体機能を維持するための継続的な生化学的プロセスである。 2つのプロセスのバランスです:

異化作用:大きな分子を小さな分子に分解し、エネルギーを生産すること。 例えば、炭水化物分子を分解してブドウ糖にすること。

同化代謝:新しい細胞を作ったり、体の組織を維持したり、エネルギーを蓄えるためにエネルギーを消費すること。

代謝異常は、異常な化学反応によって体の代謝が乱されることで起こります。 これは、エネルギー源となる高分子の分解能力、細胞のエネルギー産生効率、またはエネルギー調節能力に影響を及ぼす可能性があります。

例えば、糖尿病は体内でインスリンというホルモンの使用や調節に支障をきたすことがあります。 インスリンは、ブドウ糖が体内の細胞に入り、エネルギーを供給するのを助けます。 また、筋肉や肝臓の組織にブドウ糖を蓄えることができます。 糖尿病の方ではインスリンがうまく働かないため、血液中のブドウ糖の濃度が高くなり、さまざまな健康障害を引き起metabolic disease examples

原因

代謝は、組織や臓器が関与する複雑なプロセスである。 つまり、問題が発生する機会が多く、代謝の乱れにつながるのです。 その理由としては、以下のようなものが挙げられます。

遺伝:遺伝子は様々な形で代謝のプロセスに影響を与えることができます。 例えば、ゴーシェ病では、遺伝子に変異があると、脂肪を分解する酵素であるグルコセレブロシダーゼの産生が制限されます。 その結果、体の周りに有害な脂肪が蓄積されることになります。

臓器機能障害:代謝に関わる臓器が正常に働かなくなることがあります。 例えば、膵臓から血糖値を調整するためのインスリンが十分に分泌されない場合、もっともらしい糖尿病の原因となる。

ミトコンドリア機能不全:ミトコンドリアは、細胞の中でエネルギーを生産する小さな部品です。 ミトコンドリアや細胞のDNAに変異があったり、環境が引き金となって、ミトコンドリアの機能やエネルギー生産量に影響を与えることがあります。

代謝異常の原因は、必ずしもよく分かっていません。 例えば、1型糖尿病は、免疫系が膵臓の細胞を誤って攻撃することによって引き起こされます。 しかし、医学専門家は、何が原因で免疫系に問題が生じるのか、よく分かっていない。