初心者がファンドを買うときに必ず飛び込む6つの落とし穴

1.牛を追う

ファンド市場のどのセクターが良いかを見て、より高く、私は買うために短期的なオプションを行うか、いくつかのホットファンドを購入し、お金を作り、その後多くのことを得るために位置を増加し、結果は山の頂上にぶら下がって、高く買うことである、キャッチされます。

2.秋を殺す

ファンドを買って、そのファンドが下がり続けると、必ずポジションを増やします。 例えば、10%下がったら、ポジションを増やします。 20%下がれば、ポジションも上がります。 ファンドが下落したら買いコストを下げられると思っているのでしょうが、ポジションの問題やファンドの将来性を考えなければ、決定的なポジションの増加はリスクを高めるだけです。 損失がすぐに跳ね返ってきたときに、それを換金する。

3.ごく短時間のホールド。

短期保有はリスクが高く、償還率も高くなります。 保有期間が短いファンドは、損をする可能性が高くなります即時財經

4.過去のパフォーマンスが悪いファンドを選ぶ。

過去に成績が悪かったファンドの中には、底なし沼のようなものもあります。 買っては下がり続けている。 その後、どんどん下落し、深刻な損失につながる。 なお、すべてのアンダーパフォームファンドの購入が可能なわけではありません。

5.こまめにトレードして資金を調達する。

ファンドでは、取引のたびに手数料を徴収しています。 買うにしろ売るにしろ、儲かるか損するかはともかく、今日買って明日売る、今週買って来週売るというのが好きな人もいる。 取扱手数料は有料です。 お金に余裕があれば、短期的には理解できることです。 資金が足りないと、今日損して明日売るといったことを何度も繰り返していると、なかなか儲からない。

6.他の人が買っているものを盲目的に聞くこと。

精選文章:

2022年智能建築、設備和物聯網的發展趨勢

3分間でInternet of Thingsのゲートウェイをご案内します

物聯網和工業4.0的三大優勢