下腹部を取り除き、気分を変えましょう。ダイエットから始めなければなりません!

現代人は仕事、社交、立ち、座りで長時間忙しいことが多く、それが高齢者の体の水平方向の発達につながります。多くの人が減量を望んでいますが、仕事や休息は異常であり、残業する必要があり、運動ができないなどの要因により、減量がより困難になっています。

1。適切な食事は健康を維持することができます。

タンパク質:

タンパク質は体の不可欠な部分です。ほとんどすべての重要な部分は、熱を提供し、組織を修復し、生理学的機能を調節するためにタンパク質の関与を必要とします。したがって、各食事はタンパク質中心である必要があり、各食事には1〜2手のひらサイズのタンパク質が必要です。可能であれば、高品質の肉、シーフード、卵を選択するようにしてください。

脂肪:

オイルは人体に欠かせない部分であり、人体のビタミンを溶かすのに役立ちます。腸内の消化を促進し、必須脂肪酸を体に提供します。健康に良くない単一の脂肪を避け、食事ごとに複数の脂肪源を選択することに特に注意してください。

2. 2回の食事の間隔は4〜5時間です。

人々がグルカゴンを食べた後、彼らは仕事を完了し始めるので、彼らが低血糖値を維持できるように、私たちは彼らにエネルギーを共有する時間を与える必要があります。また、ほとんどの人は仕事や食事の手配のために1日3食を食べるのが好きです。実際、それは問題ではありません。食事の間隔を4〜5時間確保できれば、ホルモンを反応させることもできます。現時点では、最高を達成します外賣優惠

3。朝食については話さないでください。昼食。

伝統的な語彙では、朝食後に朝食を食べることを制限し、夜にしか食べないことがよくあります。今、私たちはこの習慣を取り除き、それを一律に1、2、3食と呼ぶ必要があります。朝食、オムレツ、昼食、夕食のサラダの順序に従う必要はありません。逆に、それは私たちが考えることを可能にします最初に、2回、3回の食事をもっと自由に。

基本的に、毎日のレプチンのリズムは私たちの食事計画に関連しています。つまり、遅すぎる食事を始めると、レプチンの形成に影響を及ぼし、より多く食べたくなるでしょう。したがって、理論的には、最初の食事は目覚めた後1時間以内でなければなりません。いつ起きても、目覚めている限り、すぐに食事をとることができます。これは非常に重要です。

精選文章:

モノのインターネット、分析、人工知能-デジタルでの成功のトリオ

智能建築將如何改變空氣質量?

5G將如何幫助智能手表等可穿戴設備自動充電?