高血圧が原因でどんな病気になるのでしょうか?

1つ目は、冠動脈疾患の原因となることです。 長期にわたる高血圧は動脈硬化の形成・進展を促進し、冠動脈硬化は血管の内腔を塞いだり狭めたり、冠動脈の機能変化により心筋の虚血、低酸素、壊死を引き起こします。 これは、アテローム性動脈硬化症による臓器障害の一般的な形態であり、深刻な健康被害をもたらします。

第二に、高血圧は脳血管障害の原因となります。 脳出血、脳血栓、脳梗塞、短期脳虚血などです。 脳血管障害は脳卒中とも呼ばれ、死亡率が非常に高い猛烈な病気です。 急性脳血管障害の一種であり、その多くは致命的ではないにしても障害が残る。

3つ目は、高血圧患者の血圧が高いほど、脳卒中の発症率が高くなるということです。 そのためには、まず実物を見ていただくことが必要です。 これにより、血圧が急激に上昇し、脳血管が破裂して出血し、血管を取り巻く脳組織に血液が流出することがあります。 患者はすぐに昏睡状態に陥り、地面に倒れてしまうため、一般的に脳卒中と呼ばれていますambulatory blood pressure

高血圧患者では、主な心臓の変化として、左心室肥大、心筋細胞肥大、間質性線維症が挙げられます。 これは高血圧性心疾患と呼ばれるもので、心臓が肥大して大きくなってしまうものです。 高血圧性心疾患は、コントロールされていない高血圧が長期化した場合に生じる必然的な結果であり、心肥大、不整脈、心不全などにより生命を脅かす可能性があります。

高血圧自体は治療しやすい病気ですが、ひとたびこれらの病気を引き起こすと、治療が難しく、患者の命に関わることもあります。 そのため、高血圧の患者さんには速やかに治療を行うことが重要です。

精選文章:

血壓什麼時候測量比較好,你真的知道嗎?

如何判斷是否脫發?

抜け毛を効果的に防ぐための8つの良い習慣