赤ちゃんに塩を入れるときの注意点

塩は人々の生活に欠かせない調味料であり、日々の食生活の中で重要な役割を果たしています。 補完食が導入されてから、親御さんがお子さんの塩分について何を見るべきかを知っておくことは重要です。

注1:ミルクやその他の補完食品には、体内で必要とされるナトリウムがすでに含まれているため、赤ちゃんの通常の食事には、生理的な必要性を満たすのに十分なナトリウムが含まれています。 1歳までは塩分を摂らないように、また塩分を摂るのが遅ければ遅いほど良いので、プレーンな食品を食べるようにしましょう。

注2:赤ちゃんがナトリウムイオンの少ない塩を食べると、マグネシウムイオンなども増加するため、子どもは余分な塩分を体外に排出することができ、病気の発症を抑えることができます嬰兒食品 重金屬

注3:塩分に関しては、赤ちゃんはカリウムを多く含み、塩分の吸収を抑制する野菜を多く食べることが望ましい。 また、野菜には亜鉛イオンが豊富に含まれているので、赤ちゃんの味覚の感度が良くなり、将来的には食いしん坊になるかもしれません。

注4:大人向けのテイストは、赤ちゃんには向かないかもしれません。 歳をとると塩分に弱くなりますが、小さい子どもは大人よりも塩分に敏感で、大人の食欲で赤ちゃんの味覚を判断することはできません。

ヒント5:調味料は比較的塩分が多いので、子どもにはなるべく食べさせないようにし、新鮮な果物を多く食べるようにしましょう。 また、醤油やエビ、MSGといったものはナトリウム量が多いので、赤ちゃんの食事に使うのは控えめに、できれば使わない方がいいでしょう。

子どもが塩を食べるようになるのは、数歳の頃からです。

赤ちゃんが成長し、補完食を食べるようになります。 多くのお母さんは、赤ちゃんが何歳から塩を食べられるのかを尋ねます。 特に、赤ちゃんの補完食に少しでも味をつけてあげることが大切です。そうしないと、赤ちゃんはいつも味気ないと感じてしまいます。

塩は1歳前後で食べられるようになりますが、その量は1g前後、多くても2g程度とごく少量にします。 腐ったパスタや軟らかいご飯がだんだん子供の主食になってきたら、塩を適当に入れてもいいが、入れるタイミングは遅い方がいい。 心臓病、腎炎、呼吸器感染症の子供には、塩分制限をした方がいい嬰兒食品 重金屬

通常、1~6歳の子供は1日に2g以上の塩分を摂取してはいけないとされています。 夏場に汗をたくさんかく場合や、下痢や嘔吐がある場合は、適宜塩分を増やしてください。 むしろ、野菜や果物をたくさん食べたほうが、赤ちゃんの繊細な味覚には最適なのです。

精選文章:

孩子不吃奶粉,只吃母乳

類風濕和風濕性關節炎有什麼區別?

膝関節症はどのように治療するのですか?